本文へスキップ

京都府八幡市の眼科、日帰の白内障手術・緑内障治療・オルソケラトロジー近視矯正治療

お気軽にお問い合わせくださいTEL. 075-972-2220

八幡市の小西バス停前の眼科です

診療内容

当院では、ドライアイ・アレルギー性結膜炎・緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄班変性症等の眼科診療一般、日帰り白内障手術、まぶたの手術、コンタクトレンズ処方、目の健康相談を行っております。

眼瞼下垂

まぶたを挙げる筋肉(眼瞼挙筋)がうまく働かず、まぶたが下がっている状態のことです。まぶたが開けにくい、まぶたが重い、額のしわが増えるなどの症状があります。
視界が狭くなり、特に上方が見えにくくなるため、あごを上げて物を見るようになります。このため肩の筋肉に無理な力が入り、肩こり、頭痛等色々ですが、やはり下垂があるため、無理な姿勢をとったり、眼瞼をあげるため無理な力が入ることが原因と考えられます。

原因

先天性眼瞼下垂

先天性の眼瞼下垂では、眼瞼挙筋をコントロールする動眼神経の分岐の異常や、眼瞼挙筋自体が低形成(組織の発育が不十分であること)であることが原因とされています。

後天性眼瞼下垂

  • 腱膜性眼瞼下垂

眼瞼挙筋と瞼板の接合部分が伸びたり、ゆるんだりして、瞼板が正常に持ち上がらず、まぶたが開きづらくなっている状態です。
加齢やコンタクトレンズ・花粉症やアトピーなどで目をこすることにより生じるとされています。近年、ハードコンタクトによると思われる若い人の膜性眼瞼下垂が増えていると言われています。

  • 眼瞼皮膚弛緩症

主に加齢が原因で、まぶたの皮膚がたるんで下がってくる状態です。まぶたを挙げる筋肉は正常ですが、余分な皮膚がひさしのように垂れてきます。

  • その他

重症筋無力症・動眼神経麻痺・パーキンソン病・脳動脈瘤・糖尿病などが挙げられます。

手術

後天性眼瞼下垂

  • 上眼瞼皮膚切除

余分な皮膚を切除し皮膚を縫合する手術を行います。
もともと二重瞼の方は重瞼ラインを切開線として使えば、二重瞼に戻ります。
また一重まぶたの方は同時に重瞼を作成することが可能です。
瞼の薄い方に良い適応です。

  • 眉毛下皮膚切除

眉毛下の皮膚を切除して、上まぶたのたるみを改善する手術です。
もともとの目のフチを残せるので、自然な感じのまぶたになりやすい。
切開線は眉毛の中に隠すことが可能。
上瞼の厚い方や女性に良い適応です。

腱膜性眼瞼下垂

  • 皮膚を切る方法(まぶたの外側からの手術)

二重のラインに沿って皮膚および眼輪筋を切開し、伸びきった挙筋腱膜(まぶたを挙げる筋肉)を瞼板に縫い付けて固定します。

  • 皮膚を切らない方法(まぶたの内側からの手術)

経結膜的挙筋腱膜タッキング術。
眼瞼の裏側(瞼結膜)より挙筋群を瞼板に縫い縮めます。
美容外科の領域で発達してきた術式で、皮膚側を切開しないので、術後の腫れが少ないところが特徴です。
40〜60歳ぐらいのまぶたの皮膚のたるみのないハードコンタクトレンズ長期装用による下垂が良い適応です。

出血の少ないメス

手術には高周波ラジオメス(サージトロン)を使います。
高周波の電流が細胞を流れる時の抵抗によって熱がでます。その熱により細胞中の水分が膨張し切開します。また熱によって止血することができるので出血の少ない手術ができます。
普通のメスに比べて力が要らないので綺麗に意図したように切ることができます。

あだち眼科あだち眼科

〒614-8111
京都府八幡市川口小西9番地の7
TEL 075-972-2220
FAX 075-972-2225